ズッキーニとシェーブルチーズのタルト

フランスで軽食代わりのタルトと言うと、真っ先に思いつくのが定番中の定番キッシュ・ロレーヌ。
そのキッシュと並んで非常に人気のあるのが、このズッキーニとフランス人の大好きなシェーブルチーズ(ゴートチーズ)のタルトである。

Zucchini tarte
一見、あっさりし過ぎているような感じだが、ズッキーニの旨みと主張のあるシェーブルチーズの風味が抜群の組み合わせで、キッシュ・ロレーヌよりも洗練された味わい・・・とも言える。

ワタシはチーズとしてのシェーブルは、それほど好みではないのだが、このタルトは別格!

ポッテリとしたキッシュ・ロレーヌやトマト味の強いタルト・プロバンサル(夏野菜を使ったタルト)より、断然こちらの方が好みである。

Zucchini tarte
最近では一年中出回っているズッキーニだが、これから夏場にかけて、種の少ない旨みたっぷりのズッキーニの季節。

サラダを添えて、キリッと冷やした白ワインをお供にすれば、素敵な夏のランチにピッタリ。

あれこれ混ぜない、超シンプルなこのタルトをぜひ味わってみて欲しい。


【材料】(26~28cmのタルト型)

【作り方】

  1. オーブンを180℃に熱しておく。
  2. ズッキーニを5mm程度の厚さの輪切りにする。玉ねぎは1/2に縦割りし、薄切りにする。
  3. オリーブオイル(分量外)をフライパンに熱し、ズッキーニを入れて炒める。しんなりしてきたら、更に玉ねぎを加えて炒め、軽く塩・こしょうを振る。
  4. 卵と生クリーム、溶けるチーズに塩・こしょう少々加えて、よく混ぜる。(あまりゆるいようなら、卵かチーズで調整するとよい)
  5. タルト型に生地を敷き、底にフォークで所々穴を開ける。
  6. 冷めたズッキーニをタルト型に満遍なく敷き、上から4の液を流し込む。
  7. シェーブルチーズを1cm弱の輪切りにし、タルトの上に飾る。
  8. オーブンで30~40分焼く。(途中で焦げ目が付き過ぎそうなら、アルミホイルでカバーする)


この記事をシェア
Share on FacebookPin on PinterestEmail to someone

2 コメント “ズッキーニとシェーブルチーズのタルト

  1. あ、間違えてた。
    先日親戚の人が作ってくれたタルトが美味しかったから、再現したつもりだったんだけど、ズッキーニじゃなくて、ブロッコリーを使ってしまった。
    よく思い出してみたら、ズッキーニだったわ。
    でも、彼女はマンドリンで細切りにしてた気がする。
    いずれにせよ水分が出なくなるように炒めればいいのよね。
    早速作ってみよう。

    1. タヌ子ちゃん
      ブロッコリーでも美味しそうだけど、この定番はおススメです!
      普段はあまりシェーブルチーズは食べないんだけれど、このタルトにすると、「やっぱりシェーブルよね~」と感激します。
      薄い輪切りにすると、より食感が楽しめると思うので、ぜひ試してみてね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です