可愛さ抜群!レリジューズ風トマトサラダ

バカンスというと、食べる~昼寝~散歩~食べる・・・の繰り返しで、ダイエットなどは全く不可能な期間である。
しかし、時間がある分、レシピのアイディア探しには最適!

今回も田舎で雑誌を繰っていたところ、トマト紹介の写真が目に入った。
普通のトマトとプチトマトを重ねてあったのだが、我ながら画期的なアイディアがひらめいた!

「この形、何かに似てる・・・そうだ!ケーキのレリジューズだっ!」

パリに戻るなり、早速このアイディアを試してみた。
完成したのがコチラ。

salade tomate religieuse

自分で言うのも何であるが、可愛いではないか!
ただのトマトでは芸がないので、中にキヌアとレンズ豆のサラダを詰めてみたが、いかがだろうか?
詰めるものは、ライスサラダなどバリエーションはお好みでOK。

salade tomate religieuse

とても簡単なので、ちょっとしたパーティーやお招きなどにぜひ試してみてね。


【材料】(2人分)

  • トマト 中2個
  • プチトマト 2個
  • 茹でたキヌア
  • 茹でたレンズ豆
  • モッツアレラチーズ 少々
  • パセリのみじん切り 少々
  • お好みのドレッシング 少々
  • マヨネーズ 少々

【作り方】

  1. トマトをへたを下にして置き、プチトマトの大きさを目安にして、上の部分をカットする。
  2. 小さいティースプーンなどで、切り口から中身をくりぬく。中の仕切り部分は多少残っていても構わない。切り口が小さいのでくりぬきにくいが、急がず慌てず、慎重に・・・。
  3. キッチンペーパーの上に、切り口を下にして置き、水気を取リ除く。
  4. その間に、茹でたキヌアとレンズ豆、パセリのみじん切り、小さく角切りにしたモッツアレラチーズをお好みのドレッシングで混ぜ合わせる。
  5. サラダをトマトに詰め、プチトマトを乗せる。
  6. 切り口をカムフラージュする感じで、マヨネーズを絞り出して、ケーキのレリジューズ風に飾り付ける。


この記事をシェア
Share on FacebookPin on PinterestEmail to someone

2 コメント “可愛さ抜群!レリジューズ風トマトサラダ

  1. この形を見て、religieuseを思いつくところが乙女だわ~。
    私はすぐにダルマが頭に浮かんでしまった(爆)
    最近キヌアは買い置きしてないんだけど、ライスサラダがタブレを作ったら試してみよう。

    1. タヌ子ちゃんの想像力に脱帽…。
      乙女…ではないにしても、ダルマは思いつかなかったわ(-_-;)
      キヌアは結構使い道があるので、買い置きお勧めしま~す!
      ただし、食物繊維の効果抜群なので、食べ過ぎには注意してね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です