レモンソルトのツナクリームパスタ

先日、本場モロッコ風レモンソルトの作り方をアップしたが、モロッコ料理のタジンにとどまらないのが、日本人のレシピ追及心の凄さである。

正直なところ、これ程までレモンソルトが流行らなかったら、絶対出会わなかったであろう数々のレシピをネットで発見した。
その一つが、このツナクリームパスタである。

ツナ+クリーム+パスタならば、我が家の食卓にも何度ものぼっているが、コレにレモンソルトをプラスする、という発想はなかなか浮かばない。

Lemon Salt Pasta
確かにツナの臭み取りにレモンは最適だし、チーズケーキにレモンは付き物・・・そう考えれば、納得の組み合わせと言えるのかもしれない。

という訳で、早速作ってみたところ、本当に美味しい!

レモンソルトのほのかな酸味と塩味が、生臭くなりがちなツナクリームを見事なソースに変身させてくれた。

Trofie Liguri
少し洒落っ気を出して、ただのスパゲッティではなく『Trofie Liguri』をいうショートパスタを使ってみたのだが、ソースとの絡まり具合が最高で、なかなかいい選択だったと我ながら大満足。

このショートパスタは日本でなかなか見つからないようで、唯一発見した商品もすでに在庫が1つのみ・・・。

スーパーでお好みのパスタを選んでもいいし、今は通販でもさまざまなパスタが見つかるので、オシャレなパスタをゲットすれば、よそいきメニューに変身すること請け合い。

レモンソルトの流行に乗り遅れた方も、ぜひ今から試してみて欲しい。


【材料】(2人分)
ショートパスタ 160g
玉ねぎ 中1/2個
ツナ 小1缶(水煮でもオイル漬けでもお好みで)
生クリーム 20ml
レモンソルト 適宜
レモン汁 少々
黒こしょう 少々

【作り方】

  1. 鍋にたっぷりの水と塩(分量外)を加えて沸騰させ、パスタを表示の調理時間に従って茹でる。
  2. ツナをしっかり水切り(またはオイル切り)し、ボールに入れてレモン汁少々を加え、フォークで粗めにほぐす。
  3. オリーブオイル少々(分量外)を入れた鍋で、薄切りにした玉ねぎを透き通るまで炒める。
  4. (3)にほぐしておいたツナと薄切りにしたレモンソルトを加え、サッと一炒めしたら、生クリームを入れて温める。
  5. 茹で上がったパスタをソースに絡めて、黒こしょうを振る。

hacker
Hacking Point:
レモンソルトを入れてから煮過ぎると生クリームが分離することがあるので、ふつふつと温まってきたところで、すぐに火からはずそう。

余談:『レモンソルト(塩レモン)』が、有名な某クッキングポータルサイトで2014年のキーワード大賞となったそうである。果たして2015年もこのブームは続くだろうか?

この記事をシェア
Share on FacebookPin on PinterestEmail to someone

2 コメント “レモンソルトのツナクリームパスタ

  1. 日本へのお土産にしようと思ってモロッコ産のレモンソルトを買ったのに、重量オーバーで家に置いて行くことになって、今はレモンソルト使いたい放題状態。
    いつもタジンばかりじゃつまらないから、今度パスタに使ってみよう。
    レモンソルトを使ったフィナンシェも作って見ようと思ってすっかり忘れてた。
    このショートパスタ、食感がしっかりしてそうでいいね。
    ノルマンディじゃ買えそうもないからパリで探してみよう。

    1. タヌ子ちゃん
      フィナンシェか・・・いいアイディアね。
      私はお菓子作りの才能ゼロなので、今度ぜひご相伴にあずからせてくださいませ。
      私はアペリティフ用のケークサレとかに挑戦してみようかな?と思ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です