夏バテ解消!にんにく漬け3種

ブルターニュでのバカンスも終わり、2週間ぶりにパリに戻ってきた。
ここ2~3年、ブルターニュのマルシェで必ず仕入れてくるのが『にんにく』である。

大ぶりでどっしりしたブルターニュ産のAil de Cherrueixは、南仏のにんにくに負けず劣らずの人気者。

乾燥の度合いによって、6ヶ月保存と1年保存のものがあるとのこと。
今回はにんにく漬け作りが目的だったが、余った時のことも考えて、1年保存できるものを購入した。

Marinades Garlicsパリに戻るや否や、早速にんにく漬け開始!

定番中の定番『醤油漬け』、サラダや炒め物に便利な『オリーブオイル漬け』、そして風味付けにぴったりの『シェリービネガー漬け』の3種に取り掛かった。

せっかくなので、瓶シールも作って貼ってみると、ちょっとオシャレなにんにく漬けに大変身!と、自画自賛。


【下準備】

  1. にんにくの房をばらす。
  2. 鍋に湯を沸かし、沸騰したところににんにくを入れて、湯通しする。(30秒~1分くらい)
  3. ざるにあけ、ボールに入れた冷水にさらす。(湯通しすることで、皮が簡単につるんと剥ける)
  4. 剥いたにんにくは、根元の固い部分をカットし、キッチンペーパーを敷いたざるでよく乾かす。
  5. 保存用の瓶を煮沸消毒しておく。

醤油漬け
醤油漬け

【醤油漬け】
にんにくを瓶に入れ、醤油を注ぎ入れる。にんにくの量はお好みで・・・。醤油を酒で割っても美味しいが、保存期間がやや短くなる。
冷蔵庫で寝かせて、大体2~3週間で味がなれてくるが、6ヶ月~1年くらいは保存可能。


オリーブオイル漬け
オリーブオイル漬け

【オリーブオイル漬け】
にんにくと香り付けのペッパー各種、ローリエの葉、鷹の爪を瓶に入れ、オリーブオイルを注ぎ入れる。
丸ごとなので、冷蔵庫で2~4ヶ月保存可能だが、酸化しやすいので取り扱いには十分注意すること。


シェリービネガー漬け
シェリービネガー漬け

【シェリービネガー漬け】
にんにくを瓶に入れ、シェリービネガーを注ぎ入れる。
シェリービネガーは酸味と香りが強いので、まろやかな風味にしたい場合は米酢やホワイトビネガーで・・・。
冷蔵庫で大体1ヶ月で味がなれてくるが、1年くらいは保存可能。


この記事をシェア
Share on FacebookPin on PinterestEmail to someone

2 コメント “夏バテ解消!にんにく漬け3種

  1. 現在大量に作ったニンニクの醤油漬けをせっせと消費中。
    私は最初にリンゴ酢に漬けてからお醤油に漬けたのだけど、このニンニクの香りが移ったリンゴ酢が、凄くまろやかになって最高に美味しい。
    ヴィネグレットに使ってたら、あっという間に無くなっちゃった。
    こんな綺麗なラベルを貼ったら、お友達へのプレゼントにも使えるね!
    因みにお友達ってわ・た・し!

  2. タヌ子ちゃん
    リンゴ酢・・・というのは、思いつかなかったわ!
    残ってるニンニクで挑戦してみようかしら・・・。
    醤油漬けは、何故かニンニクだけが残っていて、何に使おうか思案中です。
    にんにく漬けを知らないお友達にプレゼントしなくっちゃ!^m^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です