最後のかぼちゃ料理(2)デリカータ

シーズン最後のバターナッツ・スカッシュは、ホカホカのポタージュとなって、おなかに収まったところで、次はデリカータの登場。

この二つのかぼちゃとは、初めてのご対面。
早速インターネットでレシピを検索してみた。

Butternut&Delicata
右がデリカータ(左:バターナッツスカッシュ)

Delicata
デリカータは太っちょのズッキーニのような様相で、ファルシなどによく使われているようだが、試してみたレシピは超お手軽な『デリカータのグリル』。

デリカータの甘みが何とも言えず美味で、ドライハーブを加えることで、素敵なアペリティフにもなる。
こんなに簡単で美味しいデリカータ、今年の秋もリピート間違いなしのレシピだ。


ligne


【作り方】

  1. 縦半分に切ったデリカータを、1cmくらいの厚みに輪切りにする。
  2. 1をボールに入れ、オリーブオイル少々、好みのドライハーブ(欧風ハーブミックス20g(無塩)~こもれびガーデンのようなミックスドライハーブがGOOD)、塩・こしょうを加えて混ぜる。
  3. オーブンプレートにクッキングシートを敷き、2のデリカータを重ならないように並べる。
  4. 180℃のオーブンで、きつね色になり、柔らかくなるまで焼く。


この記事をシェア
Share on FacebookPin on PinterestEmail to someone

2 コメント “最後のかぼちゃ料理(2)デリカータ

  1. 先日私もグリルしたよ。
    でも、スイートポテトも一緒にグリルしてしちゃったから(おまけに焼き過ぎた…汗)、折角のデリカータの甘みが感じられなかった。
    種は一応保存してあるから、フランスに戻ったら蒔いてみるね(留守中に近所の人が畑を耕しておいてくれるらしい)。

    1. かぼちゃの季節は過ぎた・・・と思ってたら、まだ出回ってるものもあるみたい。
      デリカータは結構珍しいので、アペリティフに喜ばれそうよね。
      次回はぜひ単品で挑戦してみて!
      来年の収穫報告、楽しみにしています!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です