最後のかぼちゃ料理(1)バターナッツ

ハロウィンもとっくに過ぎ、もう終わってるだろうな・・・と思っていたかぼちゃ達を発見!
市場のおばさんによると、これがシーズン最後だそう。

コレが最後、と言われ、思わずお馴染みのバターナッツ・スカッシュ、そしてお初のデリカータプッチーニを一気にゲット!
こんなにたくさんかぼちゃを買い込んだのは、生まれて初めてかもしれない・・・。

日本でもまだ通販で買えるところもあるようなので、シーズンの最後の最後まで、かぼちゃを食べつくしてみてもいいかも・・・。→産地直送バターナッツ

Butternut-potage大量のかぼちゃを消費すべく、まず取り掛かったのがバターナッツ・スカッシュのポタージュ。

寒さが厳しくなってきたこの季節には、もってこいのレシピだ。

下ごしらえは、実を蒸したり、電子レンジにかけて柔らかくしてミキサーにかけるのが一般的だが、インターネットで面白い方法を見つけたので、実験がてら(失敗を恐がってはいけない!)試してみることにした。

Butternut
縦半分に切ったバターナッツ・スカッシュの種を取り(ワタシはこの種を捨てないのよ)、そこにバターを入れ、アルミホイルをかけてオーブンで蒸し焼きにする。

バターナッツ・スカッシュが柔らかくなったら、溶けたバターも一緒にスプーンで実をこそげ取り、炒めた玉ねぎのみじん切り、牛乳、野菜のブイヨンと共に、なめらかになるまでミキサーにかけ、最後に塩、こしょうで味を調整。

Butternut
パルメザンチーズを振りかけて焼いたミニトーストを添えれば、オシャレなディナーの完成!

大きなバターナッツ・スカッシュをオーブンで蒸し焼きにするのは、結構時間がかかる上、味にもさほど違いを感じなかったこともあり、スタンダードな作り方に軍配が上がりそうだ。

そして、捨てなかった種・・・フライパンで乾煎りして、塩を振ったら、栄養満点の手作りスナックに変身。
種のお掃除が少々面倒だが、ぜひお試しを・・・。
pampkin-seed


この記事をシェア
Share on FacebookPin on PinterestEmail to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です