2018年もヘルシーにスムージー!

すっかり定着した感のあるスムージー。
ヘルシー志向も相まってか、我が家でも週末の朝にしばしば登場している。

いろいろなフルーツや野菜をミックスするパターンもあるのだが、結局シンプルに素材をストレートに味わえる組み合わせに落ち着いてしまう。
ベースとして頻繁に登場するのは、『バナナ』『ヨーグルト』『豆乳』。コレにいろいろなフルーツをプラスするだけの、超お手軽スムージーである。
豆乳はもちろん普通の牛乳でもOK。フルーツとヨーグルトだけだと濃度が濃すぎるので、豆乳や牛乳でお好みの濃さにして!

甘さはフルーツによって調節、もし甘味が足りないようなら、シロップ状のお砂糖が便利。
ワタシはオーガニックのココナッツシュガーシロップを愛用中で、優しい甘さがスムージーにピッタリだ。
黒糖、サトウキビに似た味なので、我が家では煮物などにも利用している。

左上より
バナナ+ヨーグルト+豆乳(まさにそのままですが😅コレが基本形!)
イチゴ+ヨーグルト+豆乳(定番中の定番🍓)
ブルーベリー/ブラックベリー+ヨーグルト+豆乳(ちょっとオシャレなベリーミックス💖)
バナナ+ケール+ヨーグルト+豆乳(青汁でおなじみのケールで超ヘルシー🌞)

ケールは生だと苦みが強く、とても硬いので、ささっと湯がいてからミックスするのがワタシ流です。

新鮮な完熟フルーツが手に入りにくい今の時期や生ではなかなか手に入りにくいフルーツを利用したい時などには、冷凍モノ(できればオーガニックで)を利用すれば、バラエティーに富んだスムージーを一年中楽しめること間違いなし!である。

2018年もスムージーバリエーションを開拓して、ヘルシーな一年にしよう!


この記事をシェア
Share on FacebookPin on PinterestEmail to someone

One コメント “2018年もヘルシーにスムージー!

  1. ケールはもっぱらチップス、キッシュ専門になってるけど、こんな使い方もあるのね。
    我が家のヘルシードリンクは生姜水だけど、お洒落感ゼロだからスムージーも取り入れようかな。
    バナナは冷凍してから使ってるの?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です